« 小堺氏その後 | トップページ | 私のこだわり(2)ローマ字 »

2004.07.31

音楽ひとりごと(5)伊東ゆかり

伊東ゆかり[歌手]

合歓ポピュラーフェスティバルの話が出たところで、この人について語らせてほしい。
今でも伊東ゆかりといえば、「小指の想い出」という人が多いだろう。事実、思い出のメロディー的な歌謡番組に彼女が出演すると、ほとんどこの歌を歌う。せいぜいたまに「恋のしずく」の時があるくらいだ。確かに、セールス的な観点からすると、このあたりの第一黄金期(1967〜69あたり)に連続して出した大ヒットの何曲か(ほかに「知らなかったの」「朝のくちづけ」など)を、彼女の代表曲と言うべきなのかも知れない。

しかし、彼女をこの何曲かでくくってしまうのはあまりにも勿体ない。私にとっての代表曲は「合歓」で最初のグランプリ曲となった「青空のゆくえ」だ。前述したように、この曲は中学生の私にとって、ある種カルチャーショックに近い衝撃だった。スローな低音のピアノのイントロに続いてそのまま彼女の最低音域での抑えた導入部ではじまる。一転してテンポが上がり、同じメロディーが生き生きとした躍動感を増す。メロディはさらに発展し、開放感のあるクライマックスへと続く。まさにイタリア・カンツォーネの手法なのだが、私はこの曲で伊東ゆかりという人のイメージを180度変えたと思う。歌謡曲よりも、ポップスなのだ。もちろん、もともと彼女はロカビリー以前からの外国曲カバーを歌い続けていた人だ。むしろ「小指の想い出」こそが異端だったのだ。

おもしろいエピソードがある。最初に「小指の想い出」をもらったとき、彼女は「この曲は園まりの曲だ」と固辞したと言う。それでも無理に歌わされて、うまく歌えず、ずいぶん泣いたらしい。歌唱法もそれまでとは違っていただろうし、新しい挑戦を強いられたわけだ。
結果的には彼女の世界が広がったのだと思う。どんな歌でも歌いこなすテクニックを身につけたのだ。

その後も所属事務所やレコード会社を変えながら、「結婚」「明日をめざして」「陽はまた昇る」とスケールの大きな歌を歌ったが、やがて結婚、出産、離婚という変化の時期を迎えた。

やがて彼女の第二黄金期と言えるときがくる。TBS「サウンド・イン・S」での活躍に、「大学生のアイドル」的存在としてクローズ・アップされたのだ。「あなたしか見えない」(リタ・クーリッジのカバー)がこの頃の代表曲だ。アルパムも優れたものを何枚か出している。現在、CS放送(スカパー!)のtbsチャンネルでは、当時の「サウンド・イン・S」を再放送しているが、他の歌手の歌が今聴くと陳腐化して聞こえるのに対し、彼女の歌だけは普遍的なものを感じる。ひとことで言えば「うまい」のだ。音程をはずしたり、「カンペ」を見ながらいかにも「覚え立てです」といった歌い方をするなどということは全くない。どんな曲も安心して聴けるし、それは「彼女の歌」なのだ。英語の発音も米軍キャンプからの筋金入りだから、臆することなく気持ちよく聴かせてくれる。特にエンディングに世良譲のピアノで歌う一曲は、それだけを集めてDVDを作るほど、好きなコーナーである。

今は、レコード・セールス的には厳しい時代だろうが、中尾ミエと組んだり、娘とデュエットしたり、まだまだ意欲的な活動をしてくれているのがファンとしては何より嬉しい。

公式HP

|

« 小堺氏その後 | トップページ | 私のこだわり(2)ローマ字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/1453169

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ひとりごと(5)伊東ゆかり:

« 小堺氏その後 | トップページ | 私のこだわり(2)ローマ字 »