« ここで一句(3)彼岸 | トップページ | 私のお気に入り(6) iPod »

2004.09.26

音楽ひとりごと(11)岩崎宏美

岩崎宏美[歌手]

  1974年、既に「花の中三トリオ」を生み出していたオーディション番組「スター誕生」で、地味ながら小坂明子の「あなた」をのびのびと歌う女の子がいた。当然のようにトントン拍子でグランド・チャンピオンになり、翌年4月に「二重唱(デュエット)」でデビューした。それが岩崎宏美だった。その後の活躍については、周知の通りである。

  子供時代から彼女の才能を伸ばしたのは、声楽家の松田トシ(敏江)。デビュー後、一連の曲を提供したのが、作詞家・阿久悠と作曲家・筒美京平、三木たかし。そして、たぶんほんとうの意味での「歌手・岩崎宏美」の育ての親は、プロデューサー・飯田久彦だろう。この人たちのバック・アップで歌手としての地位を不動のものとした。

  この飯田久彦氏は、言わずと知れたロカビリー歌手「チャコ」、その人である。表舞台を退いた後、ビクター・レコードのプロデューサーとして数々のヒット曲やスターを世に送り出した。サザンの「チャコの海岸物語」の "チャコ" も、彼のことだと聞いたことがある。1982年の岩崎のアルバム "Love Letter" では、「ルイジアナ・パパ」のクレジットでバック・コーラスにも参加している。そして、現在も彼女が移籍した「テイチク・レコード」の社長として、相変わらず彼女を支え続けているのだ。

  私が選ぶ岩崎宏美のベスト・チョイスはロマンスでも、思秋期でも、聖母たちのララバイでもない。1983年のアルバム「私・的・空・間」の1曲「生きがい」(有馬三恵子/詩・筒美京平/曲・萩田光雄/編)だ。ホルンを思わせるあたたかいシンセサイザーの響きが、彼女の伸びる歌声を生かしている。この曲はなかなかCD化されなかったが、デビュー30周年のCD-BOXでようやく日の目を見た。膨大な資料付きでもあるこのBOX を手に入れたのは言うまでもない。

  テレビで見た彼女のベスト・チョイスは、NHK「ふたりのビッグ・ショー」での八神純子とのデュエット「聖母(マドンナ)たちのララバイ」。声の伸びでは引けを取らない八神との競演と、NHK ホールのパイプオルガンが効果的だった。もう、二度とありえないだろうシチュエーションである。

  彼女はまだまだ意欲的。同世代(1958年生まれ)歌手として、これからも応援して行きたい。

岩崎宏美公式サイト

|

« ここで一句(3)彼岸 | トップページ | 私のお気に入り(6) iPod »

コメント

岩崎宏美さんは同学年なので親近感持っています(^^)
私のベストチョイスは「あざやかな場面」かな。それとアルバムの中の「愛よおやすみ」も好きです。香坂みゆきさんがシングルでレコードだしてましたね。

昔は姉妹なのにあまり似てなかったけど最近はそっくりになってきましたね。きっとお母さんもあんな感じかも(^^;)

投稿: とろ | 2004.09.27 18:28

とろさん、コメントありがとう。(^^)「愛よおやすみ」のアルバムは糸居五郎さんのDJ が凄かったね。(^^;)

投稿: uncle beat | 2004.09.28 00:30

Uncle Bearさん、はじめまして。ギムリンと申します。
先週、18年振りに宏美さんのコンサートに参加した、インチキ復活ファンです。実は、CDやレコードのかっちりした「隙のない」歌よりも、ライブでぐいぐい引っ張っていく方が好みです。
一般には、宏美さんは「聖母・・」「思秋期」といったバラード向きと思われていますが、チャキチャキ下町娘のキャラクターには、シングルでは「未来」「月光」、アルバム曲では「Sticky Situation」「星に願いを」なんかがフィットするように思うのですが。

投稿: ギムリン | 2005.10.09 17:52

ギムリンさん、コメントありがとうございます。 まだ宏美さんのライブは見たことがありません。 チャンスがあったら行ってみたいと思います。

投稿: uncle bear | 2005.10.24 00:21

ご無沙汰しています。
ご存知のように、宏美さんのアルバムが紙ジャケ再発されていますが、「私・的・空・間」も4/25発売です。
ビクターの公式サイトでもよいのですが、今回の再発の企画を立てられた、うすいのさんのサイトを紹介しておきます。
実は、ボーナストラックに未収録のB面やレア曲をpick upできたのも、この方のお陰でして、岩崎宏美ファンの愛情を感じております。↓

www3.point.ne.jp/~usu/

投稿: ギムリン | 2007.04.06 00:20

 紙ジャケでの復刻、知りませんでした。 これはマニア泣かせですね。 全部欲しくなるけど、全部買ったら破産しそう。(^^;)

 じっくり考えることにします。 情報ありがとうございました。

投稿: uncle bear | 2007.04.06 16:03

ご無沙汰しています。
今年後半の話題は、岩崎宏美さんとチェコフィルハーモニーの共演アルバムだけだと思っていたのですが、最後にライブ盤が一気にBOXで復刻になりましたね。
30周年記念BOXと同様に25000円ですが、限定版なので、もしまだご予約されていなければ、決断はなるべくお早めが良いと思います。
www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A000295/VIZL-264.html

投稿: ギムリン | 2007.12.16 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/1524454

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ひとりごと(11)岩崎宏美:

« ここで一句(3)彼岸 | トップページ | 私のお気に入り(6) iPod »