« 浅間山の想い出 | トップページ | 私のこだわり(8)うどん »

2004.09.07

私のこだわり(7)ラーメン

行列のできないラーメン屋

  私はラーメンが大好物である。しかし、行列は大嫌いである。どんなに美味いラーメンだろうと、何時間も並んで食べようとは絶対思わない。たかがラーメン、されどラーメン、という言い方はあるだろうが、ラーメンはラーメンだ。評判のラーメン屋でたまたま食べることができても、涙が出るほど、あるいは「生きていて良かった!」などと言えるほどのものではあり得ない。そこそこ五百円から六百円で、そのような感動をもらおうとも思わないから、まずくても気にしない。二度と行かないだけの話だ。また、ラーメンで七百円以上するものに興味はない。高ければ美味くて当たり前のこと。それでまずければ、腹が立つ。ここの百円の差は大きいのだ。
  さらに行列のできるラーメン屋の高飛車な態度が嫌いだ。名物の頑固親父など愚の骨頂。客は客だ。神様なのだ。そこまでひどくなくても、待たせて当たり前、という態度の店員を見るのも嫌だから、近くにすいている店があれば、当然のようにそちらへ入る。

  実は今まで、友人に誘われて、そのたぐいの店へ何軒か行ったことがある。しかし、並んだ時間に値するような味には出会えなかった。そんなものである。みんな、人が並んでいるから並ぶのだ。並んでその道を究めよう(?)とする自分が好きなのだ。それを愚かとは言えない。人は人、それぞれだから。

  私がささやかな幸せを感じるのは、期待をしないで入った店が、意外に美味かったときだろう。

|

« 浅間山の想い出 | トップページ | 私のこだわり(8)うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/1452261

この記事へのトラックバック一覧です: 私のこだわり(7)ラーメン:

« 浅間山の想い出 | トップページ | 私のこだわり(8)うどん »