« NHK アーカイブス/小椋佳 | トップページ | 私のお気に入り(7) 納豆 »

2004.10.26

音楽ひとりごと(13)山上・村井

山上路夫[作詞家]
村井邦彦[作曲家]

  この二人の名前は今まで度々このブログでも書かせてもらった。そして、このゴールデン・コンビの作品を数多く歌っているのが「赤い鳥」だ。「山本潤子」の回でも触れたが、彼女の透明感と温かみを併せ持つ歌声を、とても生かしている。

  そもそも、「赤い鳥」というグループは、関西のいくつかの大学で生まれたサークル活動の交流から徐々にできあがった。そして、ヤマハの「ライト・ミュージック・コンテスト(LMC)」に出場し、あの名曲「竹田の子守唄」(民謡)などを歌い、見事に優勝してしまった。(ちなみに準優勝はオフコース=当時はジ・オフ・コース)

  ちょうど村井邦彦はその頃、売れっ子作曲家でありながら、自ら原盤制作会社「アルファ・ミュージック」を立ち上げたばかりだったので、この優れたグループをプロとしてデビューさせようと奔走した。当の赤い鳥のメンバーたちは、プロになる気など全くなく、村井氏は海外レコーディングなどをセッティングするなどして、なんとかデビューさせることができた。

  当時のレコードジャケットを見ると、コロンビアや東芝(リバティ・レーベル)でありながら、すみの方に「AN ALFA RECORDING」のマークが見られる。これがアルファの制作である印だ。のちのユーミンや吉田美奈子の初期のレコードでも見ることができる。一時期、ちょうどコーラス・グループ「サーカス」の " ミスター・サマータイム " がヒットした頃は、アルファ・レコードという独立したレコード会社として存在したこともあった。

  デビューアルバムはコロンビアから出されたが、その後第二回合歓ポピュラー・フェスティバルに山上・村井両氏による「翼を下さい」で出場し、新人奨励賞と川上賞(作曲)を受賞したことは、「合歓」の回で書いた。さらにこの曲でこの年の世界歌謡祭(第一回のタイトルは東京国際歌謡音楽祭)にも出場し、「竹田の子守唄」とともにシングル・レコードを東芝から発売、本格的な活動を始めることになる。今や教科書にも載り、世代を超えて愛唱される名作である。私自身、高校の文化祭で全員で大合唱した、懐かしい想い出がある。

  話が回りくどくなってしまったが、この山上・村井コンビの作品はひとことで言えば「純」である。山上路夫氏の作品はどれもそうだが、日常のささいなことであったり、深い心情であったり、いろいろなテーマで書かれてはいるが、どれもまっすぐなことばで綴られている。そこにはどろどろしたものは感じられない。幸せであろうが、哀しみであろうが、心が洗われるような気持ちになるものばかりである。
  一方、村井邦彦氏の曲は、このまっすぐな言葉の詩を柔らかく心に染みこませるような美しいメロディが素晴らしい。辺見マリの「経験」などといういわゆる歌謡曲の作品も数多くあるが、山上氏との作品は洋楽寄りのあか抜けたものとなっている。

  ここで、私のお気に入りの山上・村井作品を挙げておきたい。
  ・翼を下さい・忘れていた朝・窓に明りがともる時・走馬燈・美しい星(以上、赤い鳥)
  ・胸のぬくもり(ハイ・ファイ・セット)
  ・青春のあやまち・ある日突然・恋人のなぎさ・二人だけの時間・愛を育てる=旭化成CM(以上、トワ・エ・モア)
  ・美しすぎて・一枚の楽譜(以上、ガロ)
  ・恋人・雨上がりのサンバ・二人の歴史・街を流れる川(以上、森山良子)
  ・朝に別れのほほえみを・廃墟の鳩(以上、ザ・タイガース)

|

« NHK アーカイブス/小椋佳 | トップページ | 私のお気に入り(7) 納豆 »

コメント

こんにちは。

わたし、山上路夫氏には変な思い入れがあります。
アマノジャクなわたしは「翼をください」の歌詞が大ッ嫌いでした。
なんというか、「教科書的」な雰囲気がなんとも腹が立ちました。
(いや、教科書に実際載ってるから嫌いなのかも…)

でも好きな曲(村井邦彦楽曲)には山上氏が手がけた作品が多いです。前回も書かせていただきましたが、GSのザ・リリーズ「イマジネイション」には吃驚したのです。
どこからこういうステキな発想が出てくるんだろう?と。
あまりにもメロディとアレンジにぴったりだし、珍しく歌詞の内容が表立ちになってる曲なんです。
山上氏の詞はどちらかというと、メロディを邪魔しない、何も特別考えさせない、意味深さはナイという印象でした。(それこそが、村井邦彦氏との作品における洗練された印象のひとつですが)

「翼をください」も「イマジネイション」も歌詞がメロディと同じくらい目立っている、と個人的に思っています。山上氏には珍しいぐらいに…
でもこの好みの差はなんだろう?と考えると、結局やっぱり「教科書的」立派さが引っかかるんだろうなあ…なんて思います。(うわ~超クドイよ、私…)

もうひとつ、放送禁止歌になってしまう「竹田の子守唄」に関して、最初は山上氏に歌詞を頼んだ。でも出来上がった歌詞が「あまりにも職業作家的で」イメージが違うのでレコード発売を一旦あきらめた。という話を本で読んだような気がします。これ、ものすごくうろ覚えなのでかなり間違ってる部分があります、ごめんなさい。
その「職業作家的」という言葉があまりにも山上氏に対するわたしのイメージにぴったりだったので、記憶に残ってました。(今度その本を探してちゃんと確かめてみます)

もう、ただわたしがアマノジャクだって話で、すいません。
彼の歌詞で、ズー・ニー・ヴーの「結婚生活」とか「草原の小屋」も嫌いだったというのもありまして…。この70年代初頭の独特な雰囲気が…愛と平和(の直接的表現)みたいな…。
大好きな「イマジネイション」とか「廃墟の鳩」もそういう雰囲気なんですけどね。すごい矛盾ですが。

で、まだ話したい事が。
わたしは平野愛子の「港が見える丘」が大好きなんです。その歌詞・メロディ・声・雰囲気すべてが。♪ウツラトロリと見るゆめ~♪という部分なんて、メロディとぴったり寄り添っていてビューティフル!だといつも感動するんです。
そうしたら、作詩・作曲の東辰三氏は、山上路夫氏の御父様だと知ってものすごくびっくりしました。(これって常識?!)
どちらが書く歌詞も、メロディを邪魔しない洗練さというのは同じだなあとすごく感動しちゃいました。それにしても「港が見える丘」を作詩・作曲ってすごいですよねえ。

わたしの好きな作詞家は橋本淳です。理由は…
ってこんな事、自分のブログに書けばいいことで、すみません。
長々と失礼しました。では

投稿: hika | 2005.12.21 20:22

hika さん、度々コメント、ありがとうございます。

私は山上氏の詩に対して「教科書的」とは思いませんでした。 あくまで爽やかなイメージです。 人それぞれですね。(^^) 例のBSフジの番組では、村井氏の回に山上氏も登場していました。

投稿: uncle bear | 2005.12.21 23:34

いやいや、「翼をください」が教科書に載ってるからそう感じる、という趣旨です。

投稿: hika | 2005.12.22 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/1777534

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ひとりごと(13)山上・村井:

» 買っちゃいました [Uncle Bear's Photolog]
小椋佳のNHKライブ「遠ざかる風景」の紙ジャケット盤。LP二枚分がCD一枚になっ [続きを読む]

受信: 2004.11.03 17:54

« NHK アーカイブス/小椋佳 | トップページ | 私のお気に入り(7) 納豆 »