« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

ゆく年くる年

  地獄のような引っ越しが終わった。27日未明のことである。それというのも、四年前の引っ越しと同じ方法を取ったことが大きな誤算だった。家財道具は知らぬ間に増えていたのである。引っ越し業者には大物家具だけを運ばせて、あとは近所でもあるし、12日間という期間が与えられているのだから、小物は余裕で自力輸送できると思ったのだ。しかし、甘かった。年末ではあるが、例年になく平日昼間は忙しかった。夜に運ぶことを諦めざるを得ない日もあった。そして、幸か不幸か、例のコンサートのチケットまで当たってしまって一日がつぶれた。友人や母、叔母まで駆り出して手伝ってもらえたのが救いだった。

  28日には業務終了。翌日29日は残務整理と会社関係の年賀状、30日は個人の年賀状印刷と発送。大晦日になって大寝坊のあと、やっと江古田へ散髪に行った。椅子を倒され顔を剃ってもらう間、またウトウトしたが、起こされたときには外は道路まで真っ白だった。新宿まで買い物に行く予定を中止。四駆とABSで雪道に不安はないが、まわりの車が信用できない上に、のろのろの車でどこも大渋滞だった。帰って、録画した昨夜の映画「壬生義士伝」の続きを観た。これは中学の同期生が編集という仕事をした最後の作品でもあり、今年一年を締めくくるのにふさわしい、などと思った。

  結果、紅白の夏川りみや布施明に耳を傾けながら年越しそばを食べる私のまわりは、段ボールだらけのままである。これでもカセット・テープやビデオ・テープをずいぶん捨てた。しかし、レコードは捨てられなかった。これらが定位置につくのはいつだろう。正月休みは短く、5日には仕事初めだ。

  間もなく除夜の鐘が鳴るだろう。夏川りみがレコ大で最優秀歌唱賞だそうだ。紅白は森山良子、ジョン健ヌッツォ、布施明が聴かせてくれたし、夏川も「涙そうそう」を歌って感激も新ただった。

  来年は仕事の面で今年以上に厳しい一年になりそうである。男には踏ん張らなければならないときがある、などと自分に言い聞かせながら、複雑な想いで、間もなく新しい年を迎える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

音楽ひとりごと(15)夏川りみ

夏川りみ [歌手]

  私はこの人の伸びのある声が好きである。 とかく沖縄出身の歌い手は独特なこぶしを回しまくるが、私はそれは嫌いである。 思いっきり声を張るから気持ちがいいのである。

  もちろんこの人との出会いは「涙(なだ)そうそう」であるが、ブームになる前にCDを手に入れたという自負がある。
そしてそのCDの特典でプライベート・ライブに当選し、吉川忠英のギター一本という生の歌声を聴いて感激した。

  そして今回、9月に出たニュー・アルバムで、またまたチケットが当たったのだ。しかも中野サンプラザでのコンサート・ツアーである。七時に始まり、休憩無しの二時間あまり、彼女は歌い続けた。素直で伸びる声は相変わらず正確で気持ちがいい。合間のトークも実に楽しい。性格の良さがにじみ出る。ちりばめられた石垣島の方言も心地よい。さらにクレヨンしんちゃんのものまねまで飛び出した。

  会場に訪れた人々は中高年が目立ち、妊婦をはじめとする若い女性も多い。実に幅の広いファン層に支えられている人だ。

  「癒し」ということばでは表し切れない爽快感で、とても幸せなひとときを過ごすことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

kamzine

  産経新聞社から「おとなを幸せにする[歌・夢・人]マガジン」という謳い文句の雑誌が創刊された。親しい友人から借りて読んだが、ターゲットはまさに40代・50代。森山良子やさだまさし、中島みゆきはずっと聴いてきた馴染みのアーティストとして、氷川きよしやヨンさまは、おばさまのアイドルとして、きれいなグラビアと共に誌面を飾っている。表紙は一見分からないが、何故か後ろ姿のドリカムだ。

  これからどんな雑誌になっていくのか興味があるが、今号のハイライトはさだまさしだ。あの「檸檬」という曲と、その舞台となった湯島あたりの話題が、さだ本人の言葉で語られている。

  また付録のCDにはニッポン放送出身のフリーアナウンサー石川みゆきの落ち着いたナレーションで有名人のインタビューなどが聴ける。かつてのオールナイトニッポンのパーソナリティで、今では同社の社長となった亀淵昭信氏の当時の声も収録されている。

  同世代の人なら一度、本屋で覗いて見たらどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

私のお気に入り(9)サケの切り身

サケの切り身・特に皮

  私は子供の頃からサケの切り身が好きだった。甘塩くらいの薄味のやつがいい。そして皮の部分が一番旨い。

  ところが、意外とこの部分を残す人が多いことに気付いた。旨い上に、コラーゲンだって豊富なのに。

  最近食べた旨かったサケは・・・、昨年の社員旅行で行った函館の「サケのハラス焼き」
  (つい最近行った池袋の高田屋のハラス焼きも旨かった)

  吉野家の豚鮭定食の鮭は、もう少しどうにかならないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のお気に入り(8)冬の星座

冬の星座

昨日とその前の夜、風は強いがそのため夜は星がよく見えた。

冬の星座の王者、東方のオリオン座とその上方に小さく輝く「すばる」が、私のお気に入りの星座だ。

この「すばる(昴)」は和名で、プレアデス星団とも呼ばれる。

帰宅直前のわずかな時間だが、ふと足を止めて見上げてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »