« オーディオの復権 | トップページ | 家を建てるなら »

2005.01.31

私のお気に入り(10)マイ・カー

私のマイ・カー遍歴

  私が免許を取ったのは1978年、21歳の初夏だったと思う。当時父が単身赴任していた伊豆大島で前半合宿、後半父の教員住宅からバス通学で教習を受けた。 一浪だったので、大学三年だった。

  そして初めて乗った車が家にあった「ブルーバード」いわゆる「510」と呼ばれたセダンだった。 ちょうど家の車を買い換えるタイミングに当たったので、この車は廃車になる寸前のオンボロだった。 既に中古の「ジェミニ」が届いていたのだが、車検が切れるまでの一ヶ月あまり、近所の駐車場を地主の人に特別に借り、免許取り立ての私の専用車になった。

  その後は家のジェミニに乗っていたが、翌年、アルバイトをしながら自分の車を買った。 1972年型、七年落ちのホンダ・ライフ(ツーリングGS)。 15万円だった。 本当はスバル360か、同R2 を探したのだが、程度の良いものがなく、このライフに落ち着いた。 当時、軽自動車は550cc だったが、これはそれ以前の規格で360cc のツー・ドア。 これは、かなり長く乗ることになった。 アルミ・ホイールはハヤシ・レーシングのストリート・ミニにピレリーのP3というタイヤを履き、カーステレオもつけて13年間、私の最高の愛車だった。 富士山周辺、軽井沢、赤城山、奥日光まで足を伸ばしたこともあった。 高速を走るとツイン・キャブのエンジンは、五速でも9000回転近くまで上がり、同乗者はその音に「このままこの道路が滑走路になって、飛び上がりそうな音ね」とのたまった。 当時360cc の軽自動車の愛好会にも参加し、日本平までのツーリングの様子は「ドライバー」誌にもカラー・グラビアで掲載された。

  結婚してもしばらく乗ったが、横浜からの帰路、第三京浜を降りて環八を走っているときに突然、おしゃかになった。 もし、エアコンが付いていたら、金がいくらかかっても直して乗っていただろうが、夏の暑さを長年我慢していたので、未練はあったが悩んだ末、廃車にした。

  次の車は一気にパジェロ(ショート)になった。 兄の教え子がディーラーにいたせいで、ここからしばらく三菱車を乗り継ぐことになる。デリカがスペース・ギアとなってイメージが一新したところで、乗り換えた。 そして景気が悪くなった途端にまた軽のパジェロ・ミニ(ターボ・4WD)に。 この車もよく走り、第三京浜で見事オービスの餌食となった。

  そして一昨年の夏、度重なる三菱の不祥事に再びホンダに戻ったが、母の古稀祝の小旅行に合わせたモビリオ・スパイクへの乗換だった。 この車を選んだのは、スタイルよりも、荷室にまっすぐ寝られることが最大のポイントとなった。 写真撮影での旅行時、パジェロ・ミニでは睡眠が満足に取れなかったのが辛かったのだ。 もちろん4WDだ。初めてのフルタイム四駆は、なかなか頼もしい。

  ちなみに、カー・オーディオへの私のこだわりは、カセット・テープが聴けることだった。 かなりの数の自作テープを引き続き聴くために、純正にないカセット・CD・MDが全て聴けるものをやっと探した。 もし、これが壊れたら、次はないのかも知れない。 カセット・テープの時代は完全に終わっている。 カーオーディオも、既にHDの時代だ。

  写真撮影には欠かせない私の相棒と、今年は何回出かけられるのだろう。

|

« オーディオの復権 | トップページ | 家を建てるなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/2753504

この記事へのトラックバック一覧です: 私のお気に入り(10)マイ・カー:

« オーディオの復権 | トップページ | 家を建てるなら »