« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.30

私のお気に入り(14)ちばてつや

ちばてつや [漫画家]

  私のちばてつや作品としての最初の記憶は、小学館の「小学◎年生」シリーズ(だったと思う)の連載で読んだ「ユキの太陽」だ。 お転婆で愛すべきキャラクターの少女「ユキ」の生い立ちの秘密、アイヌ問題、貧富などなど、子供向けのマンガとは思えないようなストーリーや意外な展開に、いたいけな少年だった私の心は揺り動かされた。

  ちばてつやの描くキャラクターは、子供は天真爛漫で子供らしく、父親はあくまで父親らしく、母親は限りなく優しく、極めてシンプルな設定であるにも関わらず、人間にはそれぞれ多面性というものがあって、そんな単純な話ではない、ということを子供心に思い知らされるような、厚みのあるものだ。

  ちばてつやの代表作はなんと言っても「あしたのジョー」なのだが、私個人としてはこの物語の良さがあまりわからない。 むしろ、戦争の悲惨さを描いた「紫電改のタカ」や、愛すべき石田国松の「ハリスの旋風(かぜ)」、そして「アリンコの歌」「1・2・3と4・5・ロク」などが心に残っている。 みな恵まれない環境の中で健気に生きる様子を題材にしている。

  子供の頃に夢中になって読んだ雑誌の連載だったが、大学生の頃、ちばてつやの全集が講談社から単行本サイズで発行され、バイトの収入である程度買い揃え、残すことが出来たのはラッキーだった。 何度かの引っ越しでも処分することなく、今でも愛蔵書として本棚に並んでいる。

  私は今では全くと言っていいほどマンガを読まない。 読んでも四こまマンガ程度だ。 私好みのキャラクターがいない、画調が汚い、ストーリーに興味を持てない、など理由はいろいろある。 そして、ちば作品にますます愛着が湧くのである。

  余談だが、「ユキの太陽」の登場人物を見直すと、野生のように育った主人公に、病弱なお金持ちのお嬢さま、大きな犬、牧師、ひげ面の父親、山小屋のような貧しい家などなど、ストーリーこそ全く違うが、後の宮崎アニメ「アルプスの少女ハイジ」と共通するものが多いのは、偶然だろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.16

音楽ひとりごと(20)大貫妙子

大貫妙子 [シンガー・ソング・ライター]

  この人の名前を知らない人がいたとしても、テレビなどで聴いたことのある曲がたくさんあるはずだ。 とにかくコマーシャルなどでよく使われる。 それだけ玄人受けのするアーティストだとも言える。 一番分かりやすいのが、オリジナル版「シャル・ウィ・ダンス」のテーマ曲だろう。

  最初にこの人の名前を目にしたのは、ユーミンの初期のアルバムにバック・コーラスとしてクレジットされていたものだった。 そして、山下達郎がブレイクすると、そこでもよく目にするようになり、もともと大貫が山下と伝説のグループ「シュガー・ベイブ」のメンバーだったということも知った。 そこで当然この大貫妙子という歌手に興味を持ち、ちょうど江古田駅前のレコード店でアルバイトをしていた頃、視聴してみた。 しかし、その歌声はいかにも未熟で、私にはその良さがわからずに終わった。

  彼女がクラウンからRCAに移籍し、ドラマ「夏に恋する女たち」の主題歌を歌って注目を浴びたりするようになった頃、以前ここでも話題にしたことのある、当時の「パソコン通信」の仲間、とろろさんに薦められて、また聴くようになった。 歌が上手くなり、曲のグレードもかなり高くなっていた。 そしてはまった。

  彼女の歌の魅力はひとことで言えば「透明感」。ピュアで深い詩の世界と、美しいメロディが、しっかりとしたアレンジで丁寧に作品としてまとめられている。

  特に聴いていて心地がいいのがアレンジ。 アコースティックを基本として、贅沢にストリングスを使ったり、内外の一流のアレンジャーを起用し、妙子ワールドを作っている。 特に相性が良いと思われるのが、おなじみ千住明だ。 実は私が千住明を知ったのも、もともと大貫妙子のアルバムで、である。

  そして一番の特徴は彼女の歌唱法だ。 決して声を張らない。 私はだいたい声を張るのが好きなのだが、このひとの場合は不思議と違和感がない。 淡々と歌うことで、逆に心に染みてくるような気がする。 それが多彩なアレンジによって、単調になることなく、聴き飽きないものになっている。

  私のベストチョイスは・・・「アトラクシオン」と「Shooting Star In The Blue Sky」の二枚のアルバムか。 対照的な二枚であるが、どちらも素晴らしい出来だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

少年オルフェ

  小学校(豊島区立大成小学校 = 現在は統合でさくら小学校となっている)時代に、学級文庫というものがあった。 その中の「少年オルフェ」という小説だけが、未だに強く印象に残っている。 これはギリシャ神話の「オルフェ」に由来する題名だが、少年が病気で死んでしまった妹を救うために冒険するというSF小説である。

  私は高校生になってもおとなになっても、時折思い出してもう一度読みたいと探したことがあったのだが、既に廃刊になっていたのだった。 それからも妙に気になっていて今回のテーマに選んだのだが、調べてみるとさすがにインターネット時代と言うべきか、情報が見つかった。 やはり同じように思い出に残っている人がいて、復刊を求める動きもあるようだ。

  資料を見ると、あの「タイム・トラベラー」で有名なNHK の少年ドラマシリーズでもドラマ化されたことがあり(私もこれを読んで思い出した)そのせいでファンもいるらしい。

  私はドラマよりも小説で読みたい。 それも同じ表紙の装丁で。 しかし今はそれが叶わなくても、小説の内容は、ありがたいことに、ほぼ、原文に近いものが読めるようだ。 これからじっくり読み返してみようと思う。

少年オルフェ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.09

HP(ギャラリー)更新

  約8ヶ月ぶりにメインのホーム・ページを更新した。

  追加した写真のほとんどは、今の住まいに越してきてからベランダに並べた花の写真である。 なんとも安直な被写体だが、なかなか遠出が出来ない分、ついつい枚数が増えた。 あとは桜と富士山だが、これは中学の同級生が居を構える静岡県の小山町へ、この春、花見に行ったことから始まった。

  ここは御殿場と山中湖の間に位置する自然の豊かな田園地帯。 当然、富士という偉大な被写体にもレンズが向く。 そしてまた、ちょうどこの角度からの富士の写真(御殿場あたり=富士の南東方向)が私の手持ちに少ないこともあって、この連休の一日を使い、単独行動で小山町へ行ってきた。 この辺りから見た富士の山頂は、丸みをおびた独特な形となる。

  気まぐれな富士山は、なかなかイメージする写真を撮らせてはくれないが、逆に、全く見えないという最悪の事態にはなったことがあまりない。 もちろん、天気予報を考慮し、それなりに長い待ち時間を取っての上のことなのだが。 今回の収穫はご覧の通り。(「富士」第2集) ただし、ベスト・カットは次回の年賀用に封印している。

  「足柄峠から」の夕陽の3枚は、邪魔な雲に悩まされた午前中とはうって変わって雲ひとつない状態。 諦めてはいたものの、デジカメの長所を生かして(つまり、フィルムではないので数打ちゃ当たる、で気楽にシャッターが切れる)一定時間ごとに撮っていた何枚かから選んだ。 御殿場あたりは、太平洋からの湿気が流れて来やすく、ぼうっと霞んだようになることが多いそうだが、この日もそんな感じだった。 デジカメ特有の効果なのか、はたまた偶然の産物か、太陽が富士山上空に見える状態で露出をかなり抑えたら、こんな写真が撮れたというわけだ。

  桜の「柴怒田(しばんた)にて」は、小山町の中にある御殿場市の飛び地で通りがかりに見つけた農家の庭先の一本桜。 かたちの良さに、思わず車を引き返して撮った。 もちろん持ち主の許可を得た。

  次の更新は、盆休み後ということになるだろう。 それまではまた「控え室」で随時公開予定。

  総合トップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »