« クチナシのかおり | トップページ | 軽井沢こぼれ話 »

2005.08.30

音楽ひとりごと(22)伊東ゆかりライブ

伊東ゆかり・ライブ

  私が三十数年レコードやCD を聴き続けてきた、伊東ゆかりという歌手の、生の歌声を初めて聴くチャンスに恵まれた。 小学生の頃からテレビ番組「ザ・ヒットパレード」などでその歌に馴染み、中学生の時の合歓ポピュラーフェスティバルのテレビ中継でノックアウトされて以来、レコードやCD は小遣いの許す限り、ほとんど欠かさず手に入れてきたのだが、コンサートやライブに出向くことは一度もなかった。 何故かと考えれば、レコードやCD こそが完成されたかたちであって、生のステージは、粗が目立ったり、バックの演奏が不充分だったりしたらがっかりするのではないかと頭の隅にあったからかも知れない。 また、若い頃は金がなかったし、大人になってからは時間がなかった。 コンサートに行くには、あらかじめチケットを予約しなければならない。 しかも、予約したからといって、その日に必ずスケジュールが合うとは限らない。 平日は特に、夜の予定は立てにくい。 そんなことで億劫になり、それならば、自分の家でテレビを見たり、レコードを聴いたりしていたほうが良い、という具合だった。 それが、今回はある人に強く勧められたこともあり、一日休みまで取って初体験することになったのだ。

  コンサート・ホールではなく、広めのライブハウスという規模のステージ。 歌手・伊東ゆかりと客席との距離が、近い。 初体験のくせに、いきなり近づき過ぎの状態だ。 三十数年、手の届かないところにいた人が、目の前にいるのだ。 しかし、違和感は全くなかった。 見慣れたお顔はテレビや写真で見てきたそのままであり、その歌声もしかり。 ところが・・・曲間のおしゃべりの言葉は、突然私個人に向けられた! 私の心は宙に浮いた・・・。

  この夏、私にとっては仕事の上で最悪の毎日だった。 ちょうど10年前に父を亡くした夏も辛かったが、それに匹敵するような苦しい夏だった。 予約はしたものの、一時は行けないか、行く気にならないかも知れないと覚悟していた。 ちっともめでたくない誕生日も過ぎ、給料日もなんとか乗り越え、この日はやってきた。 遅い、一日だけの夏休みだった。

  次々と歌われる聴き慣れた歌は、お世辞抜きで素晴らしかった。 CD で聴くような大編成のオーケストラでなく、ジャズ・クァルテットをバックにしてのステージだったが、心に染みた。 選曲も、新作CD から数曲、ジャズのスタンダード数曲、いつものステージの定番が数曲、というもので、安心して聴けるプログラムだった。 あまり広くない場内は、熱烈なファンで一杯で、そんな空気も、ステージを盛り立てたと思う。 そして、失礼な言い方かも知れないが、本当に歌のうまい人だと、あらためて思った。

  私は今回のライブで、自分でも驚くくらい、気持ちが癒された。 行って良かったと思った。 落ち込んだ心も、今ようやく落ち着きを取り戻そうとしている。 少し早いが、カレンダーを一枚めくった。 もう、秋の風景だ。

昨年7月の「伊東ゆかり」

|

« クチナシのかおり | トップページ | 軽井沢こぼれ話 »

コメント

ゆかりさんのライブ、素晴らしかったですね。
歌というのは天才が出にくいと書いていた人が上げていた天才が美空ひばり、岩崎宏美、伊東ゆかり。正直、他のふたりはどうでもいいです。
以前、ゆかりさんの歌に感動しすぎて、体調狂ったことがあります。CD、レコードが完成された形と思われていたんですね。伊東ゆかりさんの場合は良くも悪くも逆のような気がします。
ライブでどの歌にいちばん感動したか? 意外かもしれませんが、
シャンソン・ダムール。歌声喫茶の部分ではなく、ゆかりソロの部分。あの声の出し方、歌い方。この人以外の歌手が歌ったら、つまらない歌に聞こえると思います。

投稿: UME | 2005.08.30 23:33

私の一番はやっぱり「愛したすべての彼たちへ」かな。

好きな曲なので、歌い出しで泣きました。(^^;)

ゆかりさんも好きで、想い出がある曲だということを知り、ますます好きになりました。

投稿: uncle bear | 2005.08.30 23:45

はじめまして!!
ライブの様子、拝見して、うらやましく思いました。
テレビなどでは、3人娘などが 多く(私は ゆかりさんだけを聞きたい)、ライブに行きたいと思っています。
なかなか、地方には、ゆかりさんは来てくれないので、、、。

ゆかりさんの、BBSでこちらを知りました。
これからもよろしく。

投稿: フロム | 2005.08.31 12:08

フロムさん、はじめまして。

BBSでも発言して下さいね。 みなさん、あたたかく迎えてくれると思いますよ。(^^)

投稿: uncle bear | 2005.08.31 12:17

konopeji dousitemo mojibake site
nihongoga utemasen eigoha dekinainode korede gomennasai
watasimo kotosino natu ha saitei desitaga raibu de
kimotiga iyasare mouitido yarinaosite miyoukato omoimasita.
yukari san ha akogarenohito desukara sukosidemo tikazukeruyouni staito omoimasita.
mojibake komtutana!

投稿: | 2005.09.02 14:10

pasokon okasiku narimasita

投稿: SUN | 2005.09.02 14:25

あれあれ、パソコン大丈夫ですか? SUN さんというと、BBSの方でしょうか。 ゆかりさんの歌に勇気づけられたとか・・・。 良かったですね。 これからもよろしくお願いします。

投稿: uncle bear | 2005.09.02 15:54

シャンソンダムールって大好きな曲なんです。
ゆかりさんも♪ラッタラッタラ~って歌ってたのかな?
聞きたかったです。
マントラの初来日の大阪公演行きました。
アンコールで当時未発表の「バークレイスクェアのナイチンゲール」をアカペラでしかも客席のど真ん中でしかも衣装を脱いでバスタオルまとって歌ったんですよ~!

投稿: Benny | 2005.09.04 00:16

Bennyさん、他のところで大変お世話になっています。
ラッタラッタラ~の部分はほとんどライブ会場に来ていたお客さんに歌わせるという「歌声喫茶」方式。
私も新宿厚生年金会館にマントラ(お経かと思た)、行きました。
他愛ない歌かもしれないけど、ゆかりさんの声の伸び、歌い方に感激してしまった。

投稿: UME | 2005.09.04 13:34

Benny さん、コメントありがとうございます。 マントラ、マンハッタン・トランスファーですね。

UME さん、私の留守中に、代返、ありがとうございます。(^^;)

投稿: uncle bear | 2005.09.05 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/5711273

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ひとりごと(22)伊東ゆかりライブ:

« クチナシのかおり | トップページ | 軽井沢こぼれ話 »