« 音楽ひとりごと(23)ブレッド&バター | トップページ | 阪神優勝 »

2005.09.26

ギャラリー更新

  五月の連休以来のギャラリー更新である。今回の追加は15枚。 せっかくの飛び石連休も荒天で、却ってそれが幸いした。 ところが写真専用の古いマックがへそを曲げ、思いのほか手こずってしまった。デジカメから取り込んだ写真が保存されているMOのドライブを、突然認識しなくなってしまったのだ。 バックアップ用の外付けHDはエラーが出て交換を余儀なくされ(これは先週)たが、その影響もあるようだ。 久しぶりに旧マックOS(9.2.2)と真剣に向き合ってしまった。 結局、MOは新しいOSのマックに繋ぎ、家庭内LANでデータをやりとりすることでなんとかなった。

  写真のほとんどは先日の信州行きの際の風景だ。 季節は既に秋になりつつあり、夏の花、秋の花が混在している。 風景もしかり、見る方向によって、夏と秋のイメージに分かれた。 「美ヶ原高原」の二枚の掲載ページが異なるのは、その結果だ。

 マツムシソウが夏の花か秋の花かは、微妙なのかも知れないが、昨年の池ノ平にも咲いていたので、並べておいた。 軽井沢へ戻って追分で一泊したが、訪問先のお宅に通じる細い道にある民家の庭に、コスモスが群生していた。帰り際になって、ようやく雨が上がり、(その後、また降られるのだが)久しぶりのコスモスの写真となった。 こちらは当然「秋の花」だ。

  思いがけず撮れたのが、ステンドグラスの三枚。 二枚は「美ヶ原高原美術館」のビーナスの城の中で撮った。 様々なビーナス像が主役の筈だが、光量不足で写真にはならず、カメラは回りの窓に向いた。 そして、タイルに映ったその窓の光の色が、とてもきれいだった。

  音羽ノ森はホテルのチャペルで、本来は撮影禁止のところ、聖公会つながりのご縁で特別に撮らせていただいた貴重な一枚。 この教会、れっきとした聖公会のものであり、結婚式をここで挙げる場合、しっかりと勉強してもらうそうだ。 軽井沢でおしゃれなウェディングという、うわべだけのものと誤解されがちだが、決してそうではない。 ショー記念礼拝堂の管理牧師がチャプレン(司祭)を兼任している。

  「軽井沢(2)」の苔むす切り株は、正確にはショー記念礼拝堂に隣接するお宅の敷地。 (1)もそうだったが、湿気の多い旧軽井沢周辺の独特な風景だ。

  オジギソウの花は、今年ずいぶん咲いた。 ポーチュラカと共に、既に「写真日記」に登場しているベランダの花だが、写真はその時とは違うもの。 そろそろ、また新しい苗を仕入れてこようと思っている。

|

« 音楽ひとりごと(23)ブレッド&バター | トップページ | 阪神優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリー更新:

« 音楽ひとりごと(23)ブレッド&バター | トップページ | 阪神優勝 »