« 映画ひとりごと(4)フィールド・オブ・ドリームス | トップページ | 音楽ひとりごと(25)HIT SONG MAKERS »

2005.12.04

映画ひとりごと(5)三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 [映画]

  話題の映画を見てきた。 前評判通り、良くできていて楽しかった。 昭和33年と言えば、私は二歳。覚えている訳もないし、我が家はもっと郊外だったから必ずしも子どもの時の記憶と重ならない。 力道山に夢中になったこともない。 それでも充分、懐かしさと温かさを感じることができた。

  相変わらず「ダメ男」を好演(?)する主演役者はともかく、まわりの登場人物がとても良かった。 妻子を空襲で亡くし、悲哀を背負った初老の医師が三浦友和というのは驚いたが、この人もこれからもっともっといい役者になるのではないかと思わせた。 小雪の好演には申し訳ないのだが、女装したココリコ田中の顔がちらついてしまったのは何故だろう。 薬師丸ひろ子もすっかりいいお母さんになっている。 そして、チョイ役の面々の豪華なこと。 大物ではないが、渋い役者が顔を揃えている。

  また、なにより子役の演技に好感をもった。 今時のこどもの生意気な様子を見ていると、少しも可愛いと思えないが、おとなが怖かった(おとなに威厳があった)時代には、こんな子どもがたくさんいた。 私もたぶん、その一人だったはずだ。

  日本の映画を劇場で見たのは久しぶりだ。 つい、懐かしさに惹かれて足を運んでしまった。 レンタルDVD を待つことはないと思った。 やはり50を目前にして、かなり思考が後ろ向きになっているせいかも知れない。 昨日は中学同期の忘年会だったから、潜在意識に子ども時代への強い思いが入り込んでいたのかも知れない。 今朝起きて、急にその気になったのだ。

  まだ見ていない人も、まずは公式ページで遊んでみて欲しい。 これだけでも結構楽しい。

ALWAYS 三丁目の夕日 公式HP

|

« 映画ひとりごと(4)フィールド・オブ・ドリームス | トップページ | 音楽ひとりごと(25)HIT SONG MAKERS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画ひとりごと(5)三丁目の夕日:

« 映画ひとりごと(4)フィールド・オブ・ドリームス | トップページ | 音楽ひとりごと(25)HIT SONG MAKERS »