« 風前の灯火 | トップページ | W-ZERO3 やっと軌道に乗る »

2005.12.31

私のPDA歴

 いよいよ私のもとにやってきた、スマートフォン(通話の出来るPDA)Willcom W-zero3。 それを機会に、今まで私が手にしたPDAについて書いておこうと思う。

 いわゆる電子手帳の走りで電話番号程度が入れられる「オートダイヤラー」をスタートとしたい。これは、携帯もなく、公衆電話以外移動中の連絡手段がなかった時代、登録した電話番号を呼び出して受話器の口の部分に当ててスイッチを押すと、「ぴぽぱぽ」とプッシュトーンが鳴って電話がかけられるというアイデアグッズだった。 その後、住所が入れられたり、辞書が付いたり、しばらくは「電子手帳」の時期が続いた。

 そして、PDAと呼べるものがやっと登場したのが 1993年の初代ザウルス(PI-3000 = シャープ)だ。 もちろん画面はモノクロ。まだ通信機能はなく、アドレス・スケジュール・メモなどの用途しかなかった。 その後、FAXが付き、パソコン通信ができるようになり、いよいよ通信アイテムとなるが、携帯電話はまだ普及前で、ISDN公衆電話にケーブルをさして遊んだことが懐かしい。 インターネットはまだ夜明け前だ。 インターネットブラウザ付きを買ったのは1999年「MI-P1」 私が使ったザウルスの最後は2000年の「MI-C1」である。一応カラー画面にはなったものの、今のものとはくらべものにならない。

 ここで限界を感じてザウルスから同じシャープのテリオスに乗り換えた。これは超小型ノートパソコンというスタイルのWindowsCE 機。 これは機能としては優れていたが、やはり気楽に持ち歩ける大きさではなく、かといって、やはり本当のパソコンと同機能というわけにはいかず、小型のVAIO を買ったときに手放した。 同時期ゼロハリ・デザインに惹かれてドコモのシグマリオンII も使ってみたが結果は同じだった。

 しばらくPDAのない時期があったが、ソニーからキーボードつきのクリエ(UX50) が出たときに一目惚れ。 ノートVAIO との相性も良いだろうということで購入し、今に至っている。 しかしブラウザでの文字の大きさを調整することがほとんどできず、老眼の進行と共に不便を感じるようになった。

 ここでひとつ思い出す苦い思い出は、ドコモのディアロ(Dialo)だ。 これはまさにスマートフォンなのだが(東芝製)、まったく使い物にならなかった。まだモノクロ・ザウルスを使っている時期で(1998)、同等の機能を期待していたのだが、すぐにフリーズしてしまい、イライラのしどうしだった。 当時はどこにも怒りをぶつけることも出来ず、泣き寝入りだった。(安く買ったのだが、当時の機種変更では変更前の電話機は取り上げられてしまい、気に入っていたちっちゃくて可愛い SH201 に未練もあった)sh201


← 当時としては画期的に小型だった Mova SH201
( iモードはまだない)

ちなみに携帯、PHS のたぐいも、ドッチーモSH821i、パルディオ611S、633S、FOMA SH900iと、無意識なのに、かなりシャープの製品にお世話になっていることに改めて気付いた。


  ↓ Dialo           dialo


当時の Dialo の記事

 あれから7年の月日を経て、ふたたびスマートフォンがやってきた。 今度はインターネットばりばりだ。 カラー画面はかなりきれいだ。 液晶のシャープ、ザウルスのシャープに、大いに期待してこれから付き合っていきたいと思う。 ちなみに現在の携帯・SH 901iS ももちろんシャープ。 どちらも画面は最高だが、カメラ性能がもっと進化することを願いたい。

W-zero3 ↓

w-zero3

img02


img01

|

« 風前の灯火 | トップページ | W-ZERO3 やっと軌道に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のPDA歴:

« 風前の灯火 | トップページ | W-ZERO3 やっと軌道に乗る »