« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.29

音楽ひとりごと(26) 布施明

布施明 [歌手]

 日本を代表する洋楽系の実力派歌手と言っていいだろう。 デビュー曲はカンツォーネのカバーだったが、私がこの人の存在を知った最初の曲は「霧の摩周湖」だ。 続く青春ドラマシリーズは、「青春とはなんだ」「これが青春だ」「でっかい青春」と、全てリアルタイムで見ていた。(全て岩谷時子/いずみたく) 「霧の摩周湖」から通常路線としては平尾昌晃の曲がずいぶん長く続いた。 みな確かなヒット曲であり、今でもカラオケで歌えと言われれば、たぶんほとんど歌える。

 しかし、私が布施明の曲で一番に挙げたいのが「海を見つめて」だ。 例によってコンテストがらみの曲で、宮川泰の曲、安井かずみの詩による、第一回東京音楽祭入賞曲である。 この頃、布施は「マイ・ウェイ」という、当時としては珍しい二枚組のオリジナルアルバムを出した。 一枚は布施の自作曲集であり、二枚目は宮川作品集である。 そしてこの中に「海を見つめて」が収録されており、同じコンビの「再会の後に」と共に最高の名曲だと思う。 何故かCD化から外されてしまったこの「再会の後に」だが、しっかりデジタル化して、私のマックに収まっている。

 やはり、布施にはカンツォーネ調の曲が似合う。 合歓ポピュラー・フェスティバル参加曲の「鳩のいる広場」は、CD化どころか、レコード化もされておらず、唯一サンケイ・ホールでのライブ録音にかろうじて残されている。 山上路夫の詩と、服部克久の曲が素晴らしい。
 そして大ヒット曲「愛の園」のB面ながら、このライブ録音でもフィナーレに歌われているのが「愛のカンツォーネ」。 なんともストレートなタイトルだが、山上路夫と東海林修の作品である。
 「愛の終りに」はクニ河内の曲を宮川泰が編曲したものだが、ほとんど宮川作品のような曲調である。 これもスケールの大きな曲なのに、中途半端な電子楽器が残念。

 私は切にこれらの曲の再録音を望む。 それもフルオーケストラで!

 最後に、布施明と言えば、1970年の紅白で観客の度肝を抜いた「愛は不死鳥」の衣装が印象に残る。 「ごらん」と手を広げると、それまで見えなかった翼が開いたのだ。(エルビスの真似だと済ませるべきでない) 後で母親が夜なべをして作ったものだと聞き、二度感動した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.28

SONY の思い出

 最近、なにかと話題のソニー。 良いニュースは昨年の年末商戦で液晶テレビが随分売れた、という報道。 しかし、これも実は今までになく値引きに応じたからだという説も。

 また、クリエ(PDA)から撤退、そしてアイボなどのロボット分野からも手を引き、はたまたウォークマン・ブランドの国内生産さえ止めてしまうという。

 記憶を遡ると、我が家には小さなオープンリールのテープレコーダーあった。 ザ・タイガースの解散コンサートのテレビ放送を、家族のみんなを黙らせて録音したものだ。

 そして一浪の末、地元の小さな大学に入学。 その頃ソニーは「世界最小」が得意で、普及が進んだカセットレコーダーでも超小型の製品を開発した。 キャッチ・コピーは「カッパもびっくり!」 このカッパというのは光文社の「カッパ・ノベルス」を指し、新書の大きさにほぼ迫った、ということだった。 私は当時の雑誌の真似をして、古本屋で買った難解な学術書のページを全て糊づけし、中を四角くくり抜き、アルバイトをして買ったそのレコーダーをはめ込んで授業に持ち込み、講義を録音したり、モノラルではあったが音楽を密かに聴いたりしたのだ。 まだ、あのウォークマン登場の前夜のことである。

 間もなくステレオで音楽を持ち歩けるウォークマンが世に出たが、普及は瞬間的で類似品が各メーカーから次々と出た。 私もパナソニックやアイワの製品を買った記憶がある。 ソニーの弱いところはこういうところかも知れない。 アイデアは素晴らしいが、あっというまにその優位性は脅かされる。 家庭用のビデオでもつまづき、ユーザーの信頼をかなり失ったと思う。 ベータのテープがただのゴミになってしまった人は、かなりいたはずだ。

 これからソニーはどうするのだろう。 ソニーらしさとは何だろう。 裏切られてもまだ、ソニーに「夢」を期待するユーザーは、少なくないと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

NHK のど自慢

 とかく冴えない話題の多い最近のNHKだが、「N響アワー」やBSで時折放送される貴重な音楽ソースの為に、私は受信料を払っている。(但し、ケーブルテレビ経由の団体割引)

 そして毎週かかさず、という訳でもないのだが、折に触れて感動する番組がこの「のど自慢」だ。 井筒監督の手によって、映画で再現されたものも面白かったが、実際の素人参加のこの番組の裏には、ひとりひとりの参加者たちのドラマがあり、それが人を感動させるのだと思う。 歌の上手・下手だけでは表せないものが、画面からひしひしと伝わってくる。

 そんな様子を取材した番組が先週の土曜特集で放送された。 80歳を超える老夫婦のデュエットや、戦後始まったこの番組の第一回目の出場者の60年後の元気な様子等、もう最初から涙無くしては見られない。

 私も死ぬまでに一度出場したい、と思いつつ、10倍以上という競争率には唖然とした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.08

W-ZERO3 でモバイル投稿

 今日は趣向を変えて、公衆無線LAN スポットから、書き込みに挑戦しています。
 と、言っても、ウィルコム=HOTSPOT ではなく、DoCoMo の提供する「Mzone」からの、変則デビューとなりました。 これはMoperaU の無料キャンペーンで取得したID があったのと、昼食を取りながらモバイルしたい、と思ったので、池袋のサンマルク・カフェを選んだからです。

 率直な感想は、ローマ字入力に慣れてないので辛い以外は、なかなか快適です。

 腹ごしらえも終わったので、これから地下鉄の駅などでも、挑戦してみます。

=====================================================================

 丸の内線のホームに来ました。 ベンチがないので、立ったまま打ってます。(^^;)
 ここもDoCoMo ゾーンです。

 先ほど、knoboru さんのボイスブログを聞いたりしていたせいか、バッテリーのサインが一つ減りました。

 これから、お茶の水へ向かいます。

=====================================================================

 神田明神でPhotolog に投稿。 ZERO3 でチェックしようとしたら、バッテリーの警告が! 慌てずknoboru さんに教えていただいて購入した、乾電池使用の外部電源でバックアップしました。

=====================================================================

 神田明神から末広町を回って、秋葉原のカフェ・モコに来ました。 ここはHOTSPOT のゾーンです。 いざ接続、と思いましたが、「ID かパスワードが違う」とはじかれました。 間違いないはずなんだけど、何度やってもダメ。 電話で貰ってメモしたID だから、聞き間違いか書き間違えがあったのかなぁ。 「b」と「6」を入れ代えてみたりもしましたが、繋がらないので、結局、PHSに切り替えました。

 クリエとの違いは、ブラウザの文字の大きさを変えられること。 老眼には大変ありがたいことです。(^^;)

 これからウィルコム・プラザに寄って帰ります。

=====================================================================

 ここからは自宅に帰ってMac から投稿しています。

 ウィルコム・プラザで問い合わせても分からず、その場から157に電話。 携帯にかけ直してもらって、設定方法に間違いがないか、オペレーターの女性とやりとりすること30分以上。 何故かプラザではHOTSPOTが使えず、寒空の秋葉原駅前サトームセンへ。(そこはHOTSPOT なのだ) プラザを出るときにはもうシャッターが降りていて、脇の寂しいドアに案内されました。 そしてサトームセンで再び挑むもまたもや撃沈。 いよいよID 再発行、ということになりました。 そして新しいID は「アルファベット大文字で・・・」   !!!!!

 ちょっと待って! 大文字だなんて聞いてない!(--#)

 結論としては、ID の「@」以前とパスワードのアルファベット部分を大文字にしなくてはならないということなのです。 インターネットの世界では小文字が常識だろ! と言いたかったがぐっとこらえて、「まず始めにそれを確認して貰いたかったね」と言うに留まりました。

 そしてめでたく、元のID で接続成功しました。 ここで携帯も乾電池(充電式ニッケル水素電池)も力尽き、帰路に着きました。 ちょうど背中で今度はサトームセンのシャッターが降りた時でした。

 無料サービス(期間限定)とは言いながら、こんな無駄なやり取りで時間を費やすとは残念なことです。
 これから挑戦する方は、ご留意のほど。

 ちなみに、HOTSPOT のエリアを、私は携帯サイト(ホットスポットモバイル) で確認しました。(各携帯会社・Willcom 対応)

 やはり無線LANを有効にしていると、バッテリーの消耗は早いようです。 無線LAN機能のオン・オフを、もっと簡単にできるといいのですが、ついついそのままにしておくと、気がついたらバッテリーが減ってる、ということになります。 あと、PHSを無効にしておいても、勝手にダイアルアップを始めてエラーメッセージが出るのは鬱陶しいです。

 明日はPHS接続だけでバッテリーの持ちを試してみたいと思います。

 ということで、今日は珍しく「です・ます」調での報告でした。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.06

W-ZERO3 やっと軌道に乗る

     あけましておめでとうございます

 年末ギリギリにやってきた「ZERO3」。 正月休みはカスタマイズに熱中した。 早速市販されたガイドブックを鵜呑みにして、次々とオンライン・ソフトをダウンロードしてインストールしたが、こいつらが訳の分からぬ悪さをして、リセット、フルリセットの繰り返し。 マックのソフト・インストールではあり得ないことだ。(WindowsXP では、たまにあるか?)

  「インストール完了」のメッセージが出たのに、どこに入ったのか行方不明の「tdLaunch」や、縦表示では問題ないが、キーボードを出しての横表示では接続状況を示すアイコンを隠してしまう「GSPocketMagic++」(これはソフトリセットが使えるので便利なのだが)。 最悪だったのは日本語入力の「ATOK POCKET」。まだ対応してないのに手を出した自分が悪いのだが、キーボードでの日本語入力が不可能となり、PHSでの通信もできなくなり、とうとう「フォーマット」の憂き目に・・・。 VAIO Note と同期していたので、早く立ち直れたが、冷や汗ものだった。 その後Web 上の情報で「ATOK」導入の裏技があるらしいと知ったが、今はその根気はない。

 結局収まったのは「SpbDiary」「SmallMenu」「Uktenki」「nPOPQ」等。 意外に使えたのが「PocketInformant」で、これはある情報で日本語版でなく、英語版に手を加えて使うべし、とのことだったが、私はそのまま使えている(ような気がするだけ?)。

 Today 画面の背景を「W-zero3 応援団」提供のテーマ(パープル)にして、やっと落ち着いた。

 またそのうち欲が出て、手を加えることになるだろうが、なんとか二度とフォーマットということがないように祈る。 
 そして、マックと接続するソフトのアップデートが待ち遠しいところだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »