« 追悼・宮川泰 | トップページ | 日本フィル/宮川彬良 »

2006.03.28

コンサートにはまる

 思えば、滅多にコンサートには出かけなかった。 知り合いが出るから、とか、必然で行くことはあったものの、自分でチケット購入して行くことはなかった。 それは仕事が不規則だから。 日曜だろうが祭日だろうが、仕事が入れば行かねばならない。 だからずっと先の予定を決めるのは億劫だった。 レコード(CD)聴いてればいいし、テレビ見てればいいや、と自分にいい聞かせていた。

 まず、きっかけは伊東ゆかり。 昨年の春にこの人のBBSが開設されて書き込んでいたら、会話がはずんでライブを強く勧められた。 そして8月のスイートベイジルに、仕事を休んで(代休)行き、生の伊東ゆかりを初体験。 何せ40年近く思い焦がれていた人だから、夢のようだった。

 次は、山本潤子。 この人も赤い鳥、ハイファイセット時代からの憧れの人。 伊東ゆかりはなかなかソロライブがないのに対して(今、例の三人娘で忙しい) 山本は精力的にソロやユニット、ジョイントなどのコンサートをしているので、秋にソロ、2月にフォーク・ユニット(SongForMemories)、そして今月再びソロ、と行くことができた。

 あとは、夏川りみ。 以前夏川りみのCDを買ったらプライベート・ライブやツアーのチケットが二年連続で当たった。 昨年末はそういう企画がなかったので、自分でチケット購入して中野サンプラザへ行った。

 さらに、元ボニージャックスの大町正人氏と現役ダークダックスの遠山一氏のジョイントコンサート。 実は秋の山本潤子コンサートのあと、横浜の街で大町氏親子とばったり遭遇して、このコンサートを知った。 大町夫人は私の合唱の恩師である。

 そして今回の宮川泰氏の訃報をきっかけに日本フィルを初体験。 今まで、NHK交響楽団や、東京都交響楽団は聴いたことがあったが、日本フィルはなかった。 この日本フィルが、池袋の東京芸術劇場でサンデーコンサートを続けていて、今回の宮川彬良(泰氏の長男)指揮の回も、そのひとつだったのだ。
 久しぶりに聴いた生のオーケストラに感動し、次の予約もしてしまった。

 さて、今後は4月に大町夫妻のジョイントコンサート、日本フィルのサンデーコンサートがある。 そして5月はまたまた東京芸術劇場での千住明のコンサート。 これは新日本フィル、千住真理子、羽田健太郎、白鳥英美子、という豪華なもの。

 まだまだはまり続けそう。 食費を切りつめねば。

|

« 追悼・宮川泰 | トップページ | 日本フィル/宮川彬良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/9292974

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートにはまる:

« 追悼・宮川泰 | トップページ | 日本フィル/宮川彬良 »