« 50歳目前の決心 | トップページ | 音楽ひとりごと(30)オーケストラの醍醐味 »

2006.04.29

音楽ひとりごと(29)ピアノ

ピアノ(楽器)

 時々無性に聴きたくなる。 このブログの最初の頃にも書いたことがあるが、幼少期の環境で、ピアノの音色が私のからだに染みこんでいるのかも知れない。 このところ、クラシック音楽に触れる機会が増え、音楽を聴く楽しみだけでなく、演奏する楽しみも沸々と甦りつつある気がする。

 弦楽器ももちろん好きだが、これは憧れの対象。 かつて弦楽器専攻の学生が、私のまわりにいたならば、多少は興味を持っただろうが、何故かピアノしかなかった。

 実は同時期(私が三歳前後の頃)私の家にも、知人から頼まれて受け入れた、音大生の姉妹が下宿していて、私は四歳の時、その人たちにピアノの手ほどきを受けた。 二人とも伊東ゆかり似の美人姉妹だったが、結構厳しく指導してくれた。 その姉妹がいなくなってからは、向かいの寮にいた音大生たちが引き継ぎながら教えてくれた。 結局、細々と高校生までは続き、ショパンの中でも比較的易しいワルツを一曲弾けるようになった。

 大学受験の頃には、音大を受けるわけでもなし、楽しんで弾きなさい、と半ば諦められて、あとはほとんど自己流で弾いていた。 エチュードの「別れの曲」や、スケルツォ第二番も、途中メロメロになりながらも弾いていたものだった。 それは結局、幼稚園教諭時代に役に立ったのだが、それ以上の上達はなかった。

 そしてこの年になって、また弾いてみたいと思うようになったのだ。
 取り敢えず、iPod の中にポリーニのCDを何枚も入れた。 ショパンのエチュード、プレリュード、バラード、スケルツォ、ノクターン等々。 これでもう、気分はピアニストである。

|

« 50歳目前の決心 | トップページ | 音楽ひとりごと(30)オーケストラの醍醐味 »

コメント

伊東ゆかり似の美人姉妹 っていうのに思わず食いついてしまいました。(笑)

いや~ ピアノって素晴らしいですよね、
ピアノコンプレックスの私、「明日に架ける橋」を30年まえから独学で挑戦しております。いまだにイントロだけで精一杯です。生きてるうちにこの曲と「Your Song」はものにしたいです。

投稿: Benny | 2006.05.01 00:30

伊東ゆかりファンになった要因のひとつに、この原体験(?)があったかも知れません。 もちろんその後は伊東ゆかり本人の歌に惹かれたわけですが。 Benny さんかUME さんのどちらかが、食いつくと思ってました。(^^)

投稿: uncle bear | 2006.05.01 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/9807636

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ひとりごと(29)ピアノ:

« 50歳目前の決心 | トップページ | 音楽ひとりごと(30)オーケストラの醍醐味 »