« 受洗準備 | トップページ | ある出会いと別れ »

2006.06.11

新しい一歩

 予定通り、今日洗礼を受けた。 教会と関わるようになって41年。 長いこと周りの方たちを待たせての受洗である。 だからと言って、何が変わるわけでもないのだが、記念の日には違いない。 たくさんの方たちに見守られ、祝福され、緊張の時間だったが、亡き父の気配を背中に感じながら、なんとか無事に式は終わった。

 金曜日の夜は約一年ぶりの伊東ゆかり・ソロ・ライブに夜遅くまで浮かれた。 しかし、次の日の土曜日には仕事を早めに切り上げて教会で行われた講話・静想・晩祷そして懇親会に駆けつけた。 これは今回の志願者とその名親(洗礼名の名付け親)の方々のみで行われた。 興奮と緊張と緩和の繰り返しのようで、疲れたのかこのところただ眠い。

 そして雨の日曜日の朝を迎えたが、「心洗われる」雨と解釈することにして身支度を済ませ、久しぶりのスーツで臨んだ。

 私の名親を務めて下さったのは、子どもの頃からお世話になっていた方である。本当はご夫妻共にお願いしたかったのだが、夫人は数年前に神に召されてしまった。 そのことをスピーチで話したら、とても喜んで下さったが、私も感極まってしまった。

 私の名前は・・・Augustine Uncle Bear となった・・・?

|

« 受洗準備 | トップページ | ある出会いと別れ »

コメント

無事終わられて、何よりです。
気持ちも新たに、これから先の人生を歩んでください。

P.S.
また、プチオフでもやりましょう。では。

投稿: knoboru | 2006.06.12 11:06

ありがとうございます。

knoboru さんはプチオフがたくさんあって忙しそうですね。(^^)
都内でやることがあったら、是非誘ってください。

投稿: uncle bear | 2006.06.12 16:14

日曜日は洗礼を受ける日だったんですね。
興奮と緊張と緩和・・・お疲れでしょう。
Augustine・・・シーザーを連想したのですが、それとは関係ないですよね。

投稿: UME | 2006.06.14 09:11

強いて言えば、イギリスに初めてキリスト教を伝えた人の名前ということです。 聖公会は英国国教なので、その意味でもいいかな、と思いました。 要は8月生まれだからなんですけどね。

投稿: uncle bear | 2006.06.14 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/10485080

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい一歩:

« 受洗準備 | トップページ | ある出会いと別れ »