« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.14

4チャンネル・ステレオ

 昨日の「思い出のメロディー」に登場したフォーリーブスの「地球はひとつ」で思い出したことがある。 1970年代のはじめ、レコード業界はかつてのSPからLP、そしてモノラルからステレオという発展の次の時代として、4チャンネルステレオの開発に各メーカーがしのぎを削った。 ビクター陣営はティスクリート方式、コロンビア陣営はマトリクス方式、そして業界の風雲児ソニーはSQ方式という具合だ。 結局この戦いは、どの方式も消費者にそっぽを向かれていつのまにか消えてしまった。

 話はこの「SQ」方式のイメージ・リーダーが、当時CBSソニー所属だったフォーリーブスで、その「地球はひとつ」は「SQ」を世界の統一規格にしようという戦略のイメージ・ソングだったのだ。

 世はドルビー・サラウンドの時代。 家庭にも5.1 サラウンドという概念が浸透しつつある。 何故今になって普及してきたか、と言えば、テレビのハイビジョン化とそれに伴う大画面化に影響を受けているのだろう。 視覚と聴覚のバランスを消費者が求めはじめているのだ。

 サラウンドと言えば映画、と思われるだろうが、私は音楽派だ。 特にクラシックのコンサート放送が素晴らしい。 N響の「ツァラトゥストラ」のパイプ・オルガンの重低音や部屋に満たされる弦の響きなど,最高だ。 そして意外なのはソファーにじっと座っているのがベストポジションという訳ではないということだ。 部屋の中を動いているときも予想外の音が耳に入ってくるのが面白い。

 とかなんとか言っているが、WOWOW の「スターウォーズ」一挙放送を、無料体験視聴(15日間)でまんまと録画している。 まだまだ無休が続いているが、いつかじっくり楽しみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.12

思い出のメロディー

 昔は年寄りの見るものだと思っていたが、最近はドンピシャの世代になってしまった。 今回も昭和40年代のオンパレード。 懐かしかった。 ベッツィ&クリスのベッツィが娘と登場して見事なハーモニーを聴かせてくれて、感動!

 もちろん、ひいきの伊東ゆかり(中尾ミエとピーナッツメドレー)や山本潤子(ユニット "SongForMemories")、トワ・エ・モアは言うに及ばず。 ささきいさおと宮川彬良の「宇宙戦艦ヤマト」には、今春の日本フィル・コンサー トを彷彿とさせ、感動が甦った。
 トリが夏川りみの「花」というのも泣けた。

 西野バレー団トリオの世代ではないけれど、奈美悦子が歌っているのも奇跡のような。(^^;)

 実は密かに仕入れたハイビジョンテレビと、それと一体化する 5.1サラウンド・システムで、我が家のリビングはNHKホールと化したのだった。 みんな私の生誕50年記念事業、ということで大目に見ていただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.07

しまった

 7月は一回も更新しななんだ。

 たびたびアクセスして下さっている方々、申し訳ない。

 写真ブログや掲示板は、多少更新しているのだが、じっくり文章を書く時間がない。

 書きたいことがないわけではない。 ハイビジョン・テレビ、銀イオン水生成器(洗濯機用)、ティファールのポット、WOWOW 無料体験視聴・・・。

 いつのことになるか、わからない。

 50歳まであと16日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »