« 世界のコバケン | トップページ | コバケンのボレロ »

2007.04.20

大成功だった教会コンサート

Springconcert2007a 東京の練馬で、クラシック音楽を地域に浸透させることを目的として、活動してきた「ねりま市民コンサート」だが、今年は4月15日に二年ぶりの「スプリングコンサート」を開き、私もその実行委員の一人として初めて参加することができた。
 出演者は、中谷・大田(Vn)、後藤(Va)、伊堂寺(Vc)、清水(Pf)の5人の日本フィル楽団員。 私の属する日本聖公会の練馬聖ガブリエル教会は、市民コンサートとしては初めての会場となったが、この礼拝堂は予想以上に室内楽に適していたようで、演奏者にも観客にも好評だった。 推薦した私としても胸をなで下ろしたのは言うまでもない。

 モーツァルトの「アイネクライネ・ナハトムジーク」」からはじまり、音楽物語「となりのトトロ」では聴き慣れたメロディーで観客を魅了。 各奏者のソロを織り交ぜながら、最後はドヴォルザークの弦楽四重奏曲「アメリカ」で締めくくった。

 当日は天候にも恵まれ、日本フィル・ファンや教会関係者のみならず、チラシを見ての当日券客も多く、板橋区や豊島区などの近隣や、遠くは千葉県までいろいろなところから来ていただき、補助席を出すほどの盛況(約100名)だった。 ありがたいことにアンケートの回収率も50%を上回り、概ね満足と次回への期待が綴られていた。 実行委員としては、これを励みに次の機会へ向けて準備を始める意欲がまた湧いてきた。

|

« 世界のコバケン | トップページ | コバケンのボレロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/14790618

この記事へのトラックバック一覧です: 大成功だった教会コンサート:

« 世界のコバケン | トップページ | コバケンのボレロ »