« ちりとてちん | トップページ | クラシック音楽専門インターネットラジオ »

2008.05.18

宮本文昭のボレロ!

 自称「新米指揮者」の宮本氏。 オーボエ奏者としての名声にピリオドを打ち、指導者だけでなく、指揮者としても活動を始めたばかりだ。 今日は日本フィルのサンデーコンサートに、その指揮者としての初登場。 ヴァイオリンの川井郁子*をソリストに迎え、バラエティに富むプログラムだった。

===================================================
メンデルスゾーン:劇音楽《真夏の夜の夢》より「序曲/結婚行進曲」
マスネ:タイスの瞑想曲*
マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》より間奏曲
ビゼー:歌劇《カルメン》より運命の動機〜第1幕への前奏曲/アラゴネーズ/間奏曲/ハバネラ*
プッチーニ:歌劇《蝶々夫人》より「ある晴れた日に」*
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン*
ラヴェル:ボレロ
===================================================

 ほとんど聴き慣れた曲ばかりだが、どれも緻密で新鮮な印象。 やはり、キャリアの為せる業か、管楽器の鳴らし方が素晴らしかったと思う。 特にボレロは遠藤氏の変わらず正確なドラムに乗せて、クライマックスには実に粒ぞろいの金管の響きが快感だった。
 私の大好きな「タイス」や「カヴァレリア」の弦も安心して聴くことができた。

 ソリストの川井郁子は、これまでのイメージとは少し違っていた。 深みのある演奏は、嬉しい誤算だった。

 今回は2階の中央からオケ全体を見渡せる位置で聴いた。 (ステージまでの距離は新調した双眼鏡でカバー)
 九月の名曲コンサートでは、またコバケンのボレロが聴ける。 今度はP席で指揮者をじっくり見てみようかと思っている。

|

« ちりとてちん | トップページ | クラシック音楽専門インターネットラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5646/41249727

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本文昭のボレロ!:

« ちりとてちん | トップページ | クラシック音楽専門インターネットラジオ »