« 2008年夏休み顛末記(4) | トップページ | 2008年夏休み顛末記(6) »

2008.09.11

2008年夏休み顛末記(5)

第4日目(8月16日)
 夕べ山荘に到着する頃に降り出した雨は、朝になるとまた上がってくれていた。
 幸い頭痛も取れ、気分は悪くなかった。 今日は大事な日だ。 頑張らねばと起き上がった。 びしょ濡れになった衣服を洗濯機を借りて洗い、軒下に干した。

 早々に朝食を済ませ、今日からは3人でドライブだ。 佐久・小諸・東御経由で林道を走り一時間半ほどで美ヶ原高原美術館へ到着。 青い空と白い雲、涼しい風が気持ちがいい。 知人も初めてだととても喜んで下さって、高齢ながら屋外美術館の観覧に歩いた。 マツムシソウなどの秋の花を楽しみ、隣接する道の駅の食堂で昼食。 食後休憩していたら、天気が急変し、大粒の雨が降り出した。 車を走らせると同時にどしゃ降りになった。 しかしまだ山を登ってくる車があとを絶たない。 気の毒に、と思いながらも正直助かった。 夕方の四時からは軽井沢の大賀ホールでのコンサートがある。 急ぐ車に高速ワイパーでも視界を妨げる凄まじい雨が叩きつけるようになるが、強い日射しも同時に刺すという不安定な天気だった。

 しかしまた、軽井沢に到着する頃には上がり、濡れることなく無事に開演30分前にホールに到着。 以前テレビで良く見た、元NHK交響楽団のコンサートマスター、徳永二男(つぐお)さんのコンサートは初めてだったが、小さめのホールで身近に柔らかな音色を楽しむ。 アンコールを含めて一時間と少しのステージは心地よい余韻を残して終わった。

 近くの中国料理店へ移動中、またどしゃ降りになり、どういう訳か車を乗り降りするときは雨が小降りになるという幸運が相変わらず繰り返される。
 帰ると洗濯物はかなり濡れている。 扇風機もないので夜までに乾いてくれることを願うしかなかったが、なんとか助かった。

|

« 2008年夏休み顛末記(4) | トップページ | 2008年夏休み顛末記(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年夏休み顛末記(5):

« 2008年夏休み顛末記(4) | トップページ | 2008年夏休み顛末記(6) »