« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.31

都響でボレロ

今日は棚ぼたで手に入ったチケットで、久しぶりに東京都交響楽団のコンサートに行って来ました。演目は全てラヴェルの作品です。席は一番てっぺんのほう。舞台が谷底のように見えます。(^^;;
でも、贅沢は言えません。いただいたチケットですから。

前半は組曲「クープランの墓」と「ツィガーヌ」。
実はこの二曲、睡魔に襲われ、ほとんど記憶がありません。睡魔せ~ん。

後半はピアニスト横山幸雄の「左手のためのピアノ協奏曲」と「ボレロ」。 これはちゃんと聴きました。
まず、ピアノ協奏曲ですが、本当に左手しか使いません。見ていて身体のバランスが悪くなりそうで、心配になりました。とにかく、右手は膝に置いたまま、左手はもの凄い勢いで動くのです。
もちろん、もともと第一次大戦で右手を失ったピアニストに委嘱されて作曲したものですから、止むに止まれずという事情はあったにせよ、両手健康なピアニストにとっては過酷な曲だと言っていいのではないでしょうか。 ラヴェルは同時期に両手の協奏曲も書いているのですが、この左手のほうがオーケストラの編成は大きいそうです。その音に負けない大音響を左手だけで出さなくてはならないのです。 曲もそこそこいい曲だと思うのですが、「凄いな、凄いな」で終わってしまった、というのが実感です。(^^;)
ちなみにピアニスト横山幸雄という人は、あの盲目の天才ピアニスト、辻井伸行の師匠でもあります。

最後の「ボレロ」は有名な曲ですが、芯となる小太鼓が女性であることにまず驚きました。この曲の小太鼓は、15分間、始めから最後まで、ただひたすら同じリズムを刻まなければなりません。さぞ、大変だったと思います。 もちろん演奏は素晴らしいものでした。
ただ、最後クライマックスには、小太鼓が2台になるのですが、(もう一人も女性!)微妙に拍が合っていなかったのが残念でした。

夜は帰って日本フィルハーモニーのテレビ放送。昨日、今日と、充実したクラシック音楽の週末でした!
(マンフレッドが時間の制約で第1楽章と第4楽章しか放送されなかった! 残念)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー「マンフレッド交響曲」

今日、夜9時、NHK教育テレビは「オーケストラの森」。
日本フィルハーモニーの演奏を放送します。
曲目はチャイコフスキーの「マンフレッド交響曲」
番号のついていない交響曲で、交響詩といったほうがふさわしい曲ですが、めったに演奏されることがなく、チャイコフスキー・ファンでも馴染みのない曲です。
指揮はラザレフ。 今、日本フィルを変えつつある凄腕の指揮者です。
お見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.26

ロンドンデリー・エアー

春のコンサートの演奏に向けて(なんて書くと凄いけど、実現したとしても、あくまで終演後の余興です)チェロの練習を続けていますが、何となく曲らしくなってきました。 唯一の曲、「ロンドンデリー・エアー」、またの名を「ダニー・ボーイ」です。 それなりに左の指が自然に動くようになってきました。

でも、音程がなかなか定まりませ〜ん。
一度もつかえないで弾けたことがありませ〜ん。
後藤さんは「清水君にピアノで伴奏させる」なんて仰いますが、とても合わせるなんてできませ〜ん。

まあ、直前まで努力はしますが、笑いのタネにしかならないかも。

教会の広澤司祭はカザルスの「鳥の歌」を弾いて下さい、と仰いますが、いつのことやら。

以上、とりあえず、途中経過報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.24

尾高忠明がN響の正指揮者に

20060701_otaka_02


かつてNHKの「音楽の広場」という番組で、黒柳徹子と楽しい司会をしていた童顔の指揮者(といっても30代だったようだ)が東京フィルを振っていたのが私にとってのこの人の最初の記憶です。
この人ももう還暦を過ぎ、日本とイギリスでの活躍が伝えられていました。
何年か前には大晦日のジルベスタでも振ってましたね。
父親は高名な指揮者でした。(N響の前身である新響〜日響)

私は尾高さんに期待します。あの方の笑顔を見ているだけで幸せな気分になりますから。 ん? ちょっと違うかな〜。(^^;)
でも、外国人指揮者ばかりに頼らず、Made in Japan のオーケストラの頂点としての地位を確かなものにしてもらいたいですね、って偉そうですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.22

止まっていた?! マズアの第九

昨年末のN響の第九公演で、第3楽章の冒頭でマズアが演奏を止めたらしい。
前代未聞の出来事だ。 我らがマズアさん、よっぽどコンマス(まろさま)のテンポが気に入らなかったらしい・・・。

この話、先日の日フィルの会議で聞いたのだが、(あくまでも雑談の中である)信じられなくて、帰りの電車の中で早速ググった。
どうやら本当らしい。 しかもFMで生放送中だったとか。
テレビで見たときは違う日だったのか、うまく編集されていたのか、何事もなかったような映像だった。(録画していたので見直しもした)

それにしても・・・悪いのは誰だ?

興味のある方は、「マズア 止まった」で検索してみて~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

今年もやりますスプリングコンサート/日本フィル@ねりま

Nerima2010a4

チラシ(拡大)

 恒例になった、練馬聖ガブリエル教会での日本フィル楽員による室内楽コンサート「スプリングコンサート」が今年も4月11日に行われます。
 教会委員会の承認も降り、これから最後の準備に入ります。

 チラシも今日(日付かわってしまいましたが)出来上がってきました。
 今年はクラリネットです。 後藤さんのビオラとの面白い組み合わせを楽しんでいただけます。(^^)

 是非江古田の教会に聴きに来て下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.01

あけましておめでとうございます

毎年恒例のジルベスターコンサート。 今年のカウントダウンはホルスト「惑星」からジュピターでした。 今年も大成功! 最後の「ジャン!」で見事に時報が鳴りました。 毎回ドキドキさせられますね。

そういえば今頃さだまさしのカウントダウンで盛り上がっている友だちもいるんだったなぁ。
その会場でそのまま放送される「年の初めはさだまさし」の放送が始まりました。

そば食べるの忘れていました。 これから茹でます。(^^;)

みなさん、今年もよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »